結婚指輪の誓いの意味

結婚の証を示す結婚指輪

結婚相手と上手くいく情報

結婚の際の結婚指輪について

結婚指輪とは生涯を共にすることを誓った男女が、結婚の証として、男性から女性に贈るものです。男性もこの時に自分の結婚指輪も作ります。既成のものからオーダーメイドまで、様々なものがあり、価格も非常に値が張るものから手に入りやすいものまで様々です。結婚したら左手薬指につけます。普段、身に付ける、付けないは当人達の自由です。結婚したからといって絶対身に付けてないといけないものでもありません。いわば、結婚は生涯に一度だけ、という証を証明するものとして贈るものかもしれません。

結婚指輪の由来と歴史

結婚指輪の歴史はとても古く約2000年前、古代ローマ時代までさかのぼります。左手の薬指には愛情の静脈があると信じられ心臓に繋がっていると思われていた為、心と心を繋ぐ意味合いと約束は違えることなく必ず守るという意味がありました。今現在はプラチナの指輪が多いようですがその頃は鉄の指輪でした。日本では戦後西洋の文化が広く伝わったころから定着し始めました。現在ではシンプルながらもファッショナブルな物も多く結婚指輪も選ぶ楽しみが増えました。

大宮 結婚式場でお探しの方にお勧めのサイトです。
ゲストに合わせてお料理もチョイスできます。また、演出も希望のものが出来るようです。料金もこちらで。